下水熱の利用

主な下水関連の温度差エネルギー

@外気との温度差エネルギー

冬、外気温が5℃程度であっても、下水温度は16℃程度です。この11℃の温度差が、エネルギーとなります。

? 汚泥焼却廃熱の熱エネルギー

下水を処理すると有機質を多く含む下水汚泥が出ます。この汚泥を焼却する際に、発生する煙から有害物を除去するために、煙の洗浄等が行われます。その時、洗浄処理に使用した処理水には、高い熱が残っています。これが、熱エネルギーとなります。

温度差について

下水の水温は、人々の日々の生活排水を取り入れており、年間を通じて温度が安定しています。また、地表より深く埋設された下水道を通るので、外気温の変動を受けにくくなっています。そのため、下水水温は、真夏で28℃程度を維持し、真冬でも18℃を超えています。この温度差を利用して、夏は冷水を、冬は温水を、効率よく製造することができます。

個別冷暖房方式と比較した場合の環境効果